床下地としてコンバネを敷いていきます

次は、奥の上がったフロアにフローリングを張るために下地として
コンバネを敷いていきます。
(床の工法はたくさんあり、現場の状況により判断しますが今回は
直張りを選択しました。)



 



1.まず、基準となる線の墨だしをおこないます。

2.次になるべく加工を少なくなるように材料の割り付けをして作業
  に入ります。
 (作業の前におおまかな割り付けは考えておきましょう。)

3.基準となる場所から先にコンパネを張っていきます。
  根太ボンドを塗ってコンクリート釘を打っていきます。
 (通常は、エアー工具を使う事をお勧めします。作業時間と労力が
  格段に変わります。)

4.全部張り終わったところでいよいよフローリング張りです。
下地コンパネ2

今回は、コンパネ下地を選択しましたがこの他にも色々な工法があるので状況に応じた工法をしましょう。


下地コンパネ1

端まで全て張り終えたところでようやくフローリングを張る準備ができました。